働く空間のスタイルを考えている人は必見!シェアオフィスのミニ知識を紹介します

シェアオフィスは働くのに最適な空間となっており、共有スペースと専有スペースで構成されています。共有スペースには会議室があり、ちょっとした作業を行ったり休憩するような場所も設けられています。快適な空間が作られていることも多いので、良い環境を求めてシェアオフィスを利用するケースも増えており、ドリンクサービスやパソコンのレンタルサービスがついているプランは人気です。最初だけ保証金の支払いが必要になり、相場は月額の1か月分となっています。

シェアオフィスの歴史について

複数の企業や個人がオフィスを共有するシェアオフィスの歴史を辿ると、アメリカへとたどり着きます。1970年代のアメリカにはすでにコワーキングやシェアの概念があり、コワーキングスペースとして知られる場所ではフリーランスや中小企業の創業者などが集まり、業務を行っていました。互いの知識やリソースを共有し、協力し合って働く場所を提供していたとされています。2000年代の初頭にはインターネットが普及し、シェアが拡大していきます。オフィスを共有するシェアオフィスの概念も、互いに共有し合うリソースとして普及していきました。2005年にはアメリカのベンチャー企業がシェアオフィスの提供を開始しています。これにより企業は柔軟にスペースを確保し、フリーランスやリモートワーカーも働く場所を見つけやすくなっています。時代の変化に合わせてシェアオフィスは拡大を続けており、ネットワークがさらに発展した現在では必須の存在です。

シェアオフィスはどのような職業の人に向いてる?

シェアオフィスはさまざまな職業の人に向いていますが、特にスタートアップ創業者やフリーランス、中小企業やリモートワーカーに最適です。新しい企業を設立するために奔走するスタートアップ創業者にとって、快適な環境が整ったシェアオフィスは大切な存在になります。初期段階でコストの効率化を行えるため、その他の業務に資金を回すことができるでしょう。特定の場所を必要としないフリーランスにも利用しやすく、これから市場に進出していく中小企業にもお勧めです。また、自宅から遠く離れた場所で働きたいリモートワーカーには、各地で随時利用できるシェアオフィスが使いやすくなっています。そのほかにもデザイナーやライターなどのクリエイティブ業や、弁護士や会計士といった専門家、イベントの準備のために会議を行いたいイベントプランナーにも利用されています。さまざまな業種や職種を受け入れ、柔軟に対応することができるのがシェアオフィスのメリットです。

シェアオフィスとコワーキングスペースの違い

シェアオフィスは複数の企業が同じスペースの中で作業を行うことができるようになっており、様々な機器を共有して仕事を行うことができる環境が整っていることが特徴です。様々な備品を共通で利用することから、その分料金が割安となっており、さらには利用した時間だけ料金が請求される仕組みとなっていることから、必要な時だけ使用すると言う使い方ができるのがポイントです。 コワーキングスペースは、フロアの中の一定のスペースを期間を限定して借りきることで、他の企業が使用する事はなく契約した会社だけで占有することができるのが特徴となっています。様々な備品は自分で持ち込むことが基本であり、そのためスペースの中では自らの環境を自由に構築できることがポイントです。 この2つの違いは料金に大きく現れるものとなっており、シェアオフィスは使用した分だけ支払えば良いのに対し、コワーキングスペースは使用しなくても契約期間分の料金が発生することから、時折しか使用しない場合にはシェアオフィスの方が経済的に有利となります。

シェアオフィスでは法人登記は可能?

会社を立ち上げる時にはいろいろなお金がかかりますので、少しでもコストカットするためにシェアオフィスを活用するケースがあります。まだ事業が軌道に乗るかもわからない状態ですので、本格的な賃貸契約を結ぶよりもシェアオフィスを利用した方がリスクも小さくなります。事業を始めるための法人登記ができないのではないかと心配する人もいて、それが利用をためらう原因にもなっているようです。結論から言うと、シェアオフィスでも法人登記をすることは可能です。ただし、これは法律的な面から見た場合の話であり、運営元のルールで不可とされている場合もあります。不可と書かれているのにも関わらず、コッソリと行うことはできませんので、会社を興す時にはこのような情報までしっかりと確認してシェアオフィスを選ぶことが重要です。資金的に厳しい時には費用の安さだけを見てしまいますが、運営できなければ意味がないので、登記できるところを探す必要があります。

シェアオフィスは起業をスタートするときにおすすめ

これから起業を考えている人にとって、オフィスの選び方は重要なポイントです。予算は限られていることが多いので初期費用を抑えつつ、仕事に集中できる環境を整えたいところでしょう。そんなときにおすすめなのが、シェアオフィスです。複数の企業や個人が共有して利用するオフィススタイルのことです。個室やブース、コワーキングスペースなど、さまざまな形態がありって用途や予算に合わせて選ぶことができます。シェアオフィスを起業時に利用すると、色んなメリットを感じられます。初期費用や月額料金を大幅に抑えられるというメリットがあります。一般的な賃貸オフィスや低価格で利用できるレンタルオフィスよりも、初期費用や月額料金が比較的低いというのが特徴です。シェアオフィスによっては、月額料金が数万円から利用できるケースもあります。仕事に集中できる環境が整っているシェアオフィスでは、Wi-FiやOA機器などの設備が整っていることがほとんどなので、すぐに仕事を始めることができます。

シェアオフィスの内覧時にチェックすべき項目

シェアオフィスを内覧する際には、価格と契約条件、スペースのサイズ、共用設備とサービスなどを事前にチェックすることをお勧めします。予約システムやセキュリティ、交通アクセスについても事前に確認することで、最適なシェアオフィスを見つけることができるはずです。シェアオフィスのレンタル料金と支払い条件は、長く快適に利用するためにぜひチェックしたい項目となっています。料金が予算に合っているかに加え、契約期間や解約条件についても確認しておくと便利です。利用する人数に合わせてスペースも内覧しておくと、実際の業務の様子をイメージしやすくなります。会議室やキッチン、受付、プリンターといった設備やサービスが提供されるかどうかも確認して、必要なものがあれば利用の申し込みを行います。また、会議室などの共用設備をスムーズに利用するために、予約システムが整備されている便利です。セキュリティと安全性、シェアオフィスまでのアクセスも重要になります。

快適に働けるシェアオフィスの空間の条件とは

近年、シェアオフィスの人気が高くなっています。インターネット環境があればどこにいても仕事ができる時代なので、オフィスに出社する必要はありません。以前は起業したばかりでコストを抑えるために利用していた人が多かったのですが、会社員も積極的に利用するようになりました。快適に働けるシェアオフィスは、個室と共有スペースのどちらも充実していることです。他の人に聞かれたくない話をする場面が出てくるので個室が無いと不便に感じてしまいます。また、せっかく他社の人たちがいるのに、個室だけで仕事をしているのは勿体ないです。共用スペースでコミュニケーションを取るようにしてください。シェアオフィスで出会った人がきっかけとなって、ビジネスに繋がるかもしれません。都市部を中心にシェアオフィスが増えているので、よく比較してから決めることが大事です。料金の安さだけでなく、実際に利用した人の意見も参考にした上で決めるべきです。

シェアオフィスを契約してから入居するまえでの流れ

シェアオフィスを契約してから入居するまでの流れは、実際の入居日までにスケジュール確認から行います。オフィススペースの入居開始日を確認し、スケジュールの調整を行いましょう。必要な場合にはインターネット接続やオフィス内設備の設定を手配し、備品を揃えます。当日にはシェアオフィス側のスタッフと協力して、手続きを行うことになります。これには鍵の引き渡しや必要文書の提出、オフィススペースの説明、設備の利用方法の説明などが含まれるのが通例です。シェアオフィス内のコミュニティやネットワークに参加し、他のテナントとの連携やコラボレーションを開始できるのも当日以降となっています。必要に応じてオプションを利用し、レイアウトの変更や設備の増設なども可能です。これらの流れはすべてのシェアオフィスに該当するわけではなく、それぞれのサービスによって異なります。サービス側から指定がある場合には従えば、スムーズに利用を開始できるはずです。

シェアオフィスの入居にあたっての審査はあるのか

シェアオフィスの入居にあたっての審査は、一般的に存在します。これはオフィススペースを提供する企業や管理会社が、入居者を選別し、共有スペースでの円滑な共存を確保するためのプロセスです。 まず入居者候補は申し込みフォームを提出し、ビジネスに関する基本情報を提供します。これには会社名、業種、従業員数、予算などが含まれます。さらに入居者のビジョンや目標についても詳細を提供することが求められることがあります。レジットチェックや財務状況の確認が行われることがあります。提供者は入居者が契約費用を支払う能力を確認し、適切な支払いプランを提供します。また、契約期間やスペースの種類に応じて異なる条件が設定されることもあります。 一部のシェアオフィスプロバイダーは、コミュニティとの適合性を確認するために面接を行うことがあります。彼らは入居者が共有スペースで協力的であることを確認し、共同作業環境を円滑に運営するためのコミュニティ規範を遵守することを期待しています。 シェアオフィスの入居には審査プロセスがあることが一般的であり、提供者は入居者を選び、共同作業環境を維持するための措置を講じます。したがって、シェアオフィスを利用する際には、提供者のポリシーと要件について詳細に調査し、適切な情報を提供することが重要です。

新大阪 シェアオフィスに関する情報サイト
シェアオフィスのミニ知識

このサイトでは、シェアオフィスに関するミニ知識をご紹介しています。働く空間のスタイルを考えて、それぞれに合った環境を求める場合、このような施設が利用しやすいと感じられることも多いようです。近年では急速に利用者を増やしていますが、うまく活用しなければそのメリットを享受できません。実際に利用することに決めたら、立地として望ましいのはどのような場所なのかや、何を基準に選んだら良いのかも詳しく解説しています。

Search